Planet Panda

http://pp-mich.jugem.jp/
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ごはん | main | 色即ぜねれいしょん >>
# 運動靴と赤い金魚
イランの貧しい家庭で育つアリとザーラの兄妹。
アリは修理したばかりのザーラの靴をおつかいの途中で失くしてしまう。
靴はそれぞれ一足しか与えられておらず、家の財政状況と母の病気のことを思うと到底新しい靴は買ってもらえそうにない。
アリは父の給料日までの間、自分の靴をザーラと二人で履き回すことを考える。
そんなある日、アリは学校の代表が出られるマラソン大会に賞品として運動靴が出ることを知る。

貧しい家庭は本当にきりがなく貧しく、豊かな家庭は緑が溢れる綺麗な区画の豪邸に住む。
この映画ではイランの貧富の差が嫌味なく描かれています。
この手の映画によくあるような訴えかけるような描写はなく、それを当り前のこととして描き、あくまで貧しい一家のささいな出来事を一本の映画にしている感じ。そこに説教じみたものは一切ないので、純粋な気持ちで鑑賞できます。主役の男の子の表情や仕草のお陰によるものが大きいかもしれません。

アリは家族思いの優しいお兄ちゃんで、友達とサッカーができずに責められてもちゃんと家のことを手伝い、豪邸に住む小さな子供にも嫌な態度ひとつ取らず優しく接することができる。
そんなアリが、自分のせいで靴を失くし、嫌な思いをしている妹のためにマラソン大会に出る。
賞品を貰えるのが三位、というところがまたよくて。
お兄ちゃんは学校の名誉でも、自分の欲のためでもなく、ただ妹に新しい靴をあげたい一心で一生懸命走る。その姿に胸を打たれない人はいないと思います。

ラストの描写、お父さんの自転車の積み荷が一瞬映る演出もよかったです。

イランでは児童映画という扱いのようですが、日本の学校でもぜひ扱って欲しい作品だなと思いました。
何よりアリの情けない表情は本当に素晴らしく情けない。彼の下がり眉は宝です。笑。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:06 | category: movie |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:06 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links